1Jクルー、ケネディ宇宙センター(KSC)に到着/カウントダウン開始:1Jミッション - 「きぼう」組立ミッション - JAXA

NASAによると、打上げ時の天候も良く、打上げ可能な確率は80%とのこと」らしい。

PSコラム(第34回)宇宙基本法成立に思う

「どうしたらこのような馬鹿げた法律の成立を阻止することができるでしょうか。宇宙開発に多少なりとも関わってきた私は、この宇宙基本法の成立に対して何らかの影響力を行使できなかったのだろうか、と考えたりします」らしい。

宇宙開発戦略本部長の福田康夫です

「今後の純粋な技術開発や、宇宙探査を含めた統括した宇宙開発のビジョンがないと批判する向きもあります・・・窮地にたった宇宙産業にたずさわる大企業を助けるための法律ではないかという声があるのも確かです・・・考えてみると、これは道路特定財源が置かれている現状とまったく同じ構図です。やはりそこには、日本の宇宙開発をどうしたいのかというポリシーと、できた法律をいかに運用していくかというトップの指導力が求めらることになるでしょう。それを抜きにして、今後の宇宙開発の未来はないと思います」らしい。無いというより、単純に伝わってないのかもね・・・。

本当に役に立つ宇宙ステーションとは?:松浦晋也「人と技術と情報の界面を探る」

「要するに、今の技術では使い捨てにしなければ、宇宙に行くロケットは成立しないのだ。スペースシャトルは果敢にその難題に挑んで、負けたわけである・・・そのためには材料科学が大きく進歩する必要がある。従って、人類の宇宙進出の一つの鍵は材料科学が握っているわけだ」らしい。あー、弱いよねー。

松浦晋也のL/D: はやぶさ2とマルコ・ポーロ

「全体を通して感じるのは、小惑星・始原天体探査に対する理不尽な逆風である・・・「成果をあげたから金を回さない」?そんなバカな」らしい。大人な世界みたいなぁー。

誰のために宇宙ステーションはある?:松浦晋也「人と技術と情報の界面を探る」

なんか、更新されたみたいだけど・・・。どこなんだかわからん。

アポロ疑惑に終止符? 日本の人工衛星、大活躍!

「地味ながら着実に実績を上げることととか、その先端性や必要性を粘り強く国民に説明することが、今後は予算獲得の上でも必用になってくるはずです。少なくとも、この記事を読んでいる人にはアピールするはずです。多分」らしい。

宇宙通信株式会社:緊急地震速報に係わる京浜急行電鉄列車停止の原因と再発防止策について(PDF)

「原因は、宇宙通信が京急電鉄に納入した受信装置のテスト報設定を「OFF」にすべきところを「ON」にしていたこと。また宇宙通信が同日、テスト報のデータ形式を変更したことが重なって、トラブルが起きた・・・受信装置の制御用ソフトウエアを最新版に更新することを検討する。これに加え受信装置の設置、取り扱い手順を改訂し、テスト報の設定を確実に確認できるよう改善する」らしい。

スマートフォンでも利用可能なサイボウズ/Outlook同期ソフトが発売 TechTargetジャパン

「2008年4月16日にβ版を公開。5月19日までに767本がダウンロードされている」らしい。すくなー。

アイ・オー・データ、PCライクにケータイを使いこなすための「ポータブルキーボード」発売:ニュース - CNET Japan

「SH906iとSH906iTV、ウィルコムWS020SH(いずれもシャープ製)に対応」らしい。ちょっぴり気になる。

NHKニュース 宇宙行政一元化 協議会発足へ

「来週、超党派の協議会を発足させ、各省の関連部署を予算や人員それに権限を伴って内閣府に一元化できるよう監視していくことにしており、法律に賛成した国民新党の議員にも参加を呼びかけていきたいとしています」らしい。ほほーぅ。

宇宙ステーションのトイレ故障、星出さんのシャトルで修理へ : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「トイレはロシア製。固形物は処理できるが、液体を集める装置が先週から不調で、現在は袋状の代用装置をトイレにつなげてしのいでいる」らしい。おっとー。こ、これは重要な任務だ!

隔離。: 星出宇宙飛行士ジャーナル"Tsukuba, Station, S/G1" - 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター - JAXA

「不特定多数の方との接触を絶つことで、ミッション中に病気になることを予防するため」らしい。う、うつしてやる・・・。

信濃毎日新聞[信毎web] 宇宙ステーションで実験へ 諏訪東京理科大教授の立案

「マランゴニ対流の実験は、河村教授を代表とする4人の科学者が、茨城県つくば市の筑波宇宙センターからオペレーターを通じて指示する。河村教授は「選考から長い期間待ったので、実験が行われる喜びは大きく、とても光栄。日本人が宇宙を舞台に活躍することで、国内の若い世代が宇宙や科学に関心を持つきっかけとなってくれればうれしい」と話している」らしい。