宇宙新計画、安保を重視 衛星の日米協力を明記:朝日新聞デジタル

「頭打ち状態の宇宙関連産業の成長が安全保障に欠かせないとして、衛星の打ち上げ予定時期を明記し、企業が事業計画を立てやすい環境を整える。宇宙探査では10年間に計8機の衛星や探査機を打ち上げる。ロケットや衛星などの輸出を増やし、官民の事業規模を10年間で現在の約1・6倍にあたる5兆円に引き上げることも目指す」らしい。