北國新聞ホームページ:能登の工場から宇宙へ はやぶさ2に部品

「現在、市場には中国や台湾製の比較的安価な抵抗器も出回っている。はやぶさ2のシステム設計を担うNEC(東京)は当初、海外メーカー製を使うことも検討していたが、信頼性や円滑な技術連携の観点から国産の採用を決め、その中でも鹿島興亜電工の製品に白羽の矢が立った」らしい。素晴らしい。