社説:日本の宇宙戦略 自ら目標を見つける時 - 毎日jp(毎日新聞)

シャトル搭乗によって得られた成果とコストは、きちんと総括されてきたとはいえない・・・ISSへの輸送機開発は民間中心に移行する方針だが、めどはたっていない。米国の方向性が揺らいでいる今、有人飛行まで視野に、日本が独自の長期戦略を描くチャンスでもある・・・日本は、何を目的に、どこに力点を置いて、宇宙を探るのか。自ら目標を定める時だ」らしい。