富士通が構築した人工衛星によるアジア太平洋域災害管理システムが本稼働 | 経営 | マイコミジャーナル

宇宙航空研究開発機構が事務局を務める「センチネルアジア STEP2」システムを構築し、3月31日より本格稼働したことを発表した。同システムはアジアにおける防災・減災活動を支援するため、アジア各国の政府機関が保有する地球観測衛星で取得した衛星画像を、衛星やインターネットの通信を利用して配信」らしい。長かったような・・・。