中国で発明されたロケット : 翔ぶ!SPACE : 宇宙 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「矢につけた竹の筒に黒色火薬をつめ、導火線を出しただけの簡単なもので、当時の中国(宋)では「火箭(かせん)」と呼ばれていました。その矢じりに時には毒を塗り、20本から30本ずつまとめて竹製・木製の円筒につめて一斉に発射しました。長さは80−90 cmほどでした」らしい。うーん、それなりに怖そうだ。